弁護士に債務整理を依頼│評判の他にも専門分野を確認しよう

損害賠償を請求する

相談

理由は夫婦によって違う

結婚後パートナーとの相性が合わずに離婚を決意した時には、場合によって慰謝料が請求できることもあります。慰謝料は、結婚をしたことによって相手から苦痛を味わい、離婚を余儀なくされた時に請求できる損害賠償のようなもので、慰謝料を請求する理由は夫婦によって違ってきます。慰謝料請求の理由として近年増えてきているのが家庭内暴力や不貞行為です。家庭内暴力の場合、DVとも言われていますが、なかなか周囲に相談できない人が多いのです。暴力を受けているのにも関わらず周りの人に相談できずに精神的に参ってしまうというケースも多々あります。暴力の場合は、離婚の際にかなり高額な慰謝料を請求することができるので、一度弁護士に相談してみると良いでしょう。

不貞行為も多い

パートナーと離婚を決意するカップルには、不貞行為が原因となるケースも多くあります。不貞行為というのは不倫や浮気などが挙げられますが、お互いに同じ不貞行為をしていた場合は慰謝料を請求することは難しいでしょう。慰謝料の請求相場としては、100万円から300万円程度が多いと言われていますが、請求する相手の収入や受けた被害によって大きく左右されます。慰謝料を請求する場合、基本的に離婚後3年以内という期間が設けられているのでできるだけ早めに弁護士に相談しておくことが大切です。不貞行為の内容によっては、慰謝料を払わせる必要が無いとみなされる場合もあります。弁護士を利用して申し立てをする場合、弁護士費用もかかってしまうので、結果的に慰謝料が請求できなかったということが無いように事前に話し合って決めておくことも大切です。