弁護士に債務整理を依頼│評判の他にも専門分野を確認しよう

亡くなった時の手続き

男の人

故人が生存していた時に契約していた電気やガス、水道、電話のサービスを解約、名義変更しておくことが必要です。使用していない状態でも、基本使用料は発生してしまうので、解約するまでずっと請求され続けてしまいます。他にも、クレジットカードや運転免許証などの手続きも必要なのでなるべく早く行っておいた方が良いと言えます。本人ではなくても、亡くなってしまった場合は代理で手続きを進められるので、各サービスごとに確認を行っておきましょう。

相続に関しても解決をしておくことが必要です。相続を行なう際には、相続税が発生してしまうので全ての額を受け取れるとは限りません。また、相続といえば貯金や不動産資産、加入していた生命保険の保険金、労災保険の葬祭料などがありますが、他にも、故人が抱えていた借金も相続されます。隠れていた借金も一緒に背負うという事になってしまったら、貯金や資産を用いて返済を行わなければなりません。なお、所有している資産よりも借金といった債務が大きいという場合は、相続を拒否することが可能になります。弁護士などと相談を行なうことが必要なので、これらの準備にも時間を要すると言えるでしょう。そのため、なるべく早めに弁護士に相談しておくと良いです。